ヤクトパンサー

ヤクトパンサー画像

格闘

射撃

耐久

装甲

機動

電子

隠密

総合

18

16

13

11

38

13

43

152

ヤクトパンサーデータ画像1
ヤクトパンサーデータ画像2
ヤクトパンサーデータ画像3
ヤクトパンサーデータ画像4

スペーサー

機体データ

主兵装:
 ショートサーベル
 アイアンクロー×4
 小口径連装ビーム砲
 小口径連装レーザー機銃
 5連装小型ミサイルランチャー
 複合センサー
 3Dレーダー
 小型エナジーチャージャー
 可変ウイング×2
 エルロン×2
 赤外線暗視スコープ
 消音システム
 放射線軽減ステルスシステム

全長:13.2メートル

全高:5メートル

重量:27トン

速度:300キロ

乗員:1名

野生体:ヒョウ

サイズ:S

スペーサー

機体解説

 ヘルキャットは第一次中央大陸戦争初期にゼネバス帝国が開発した小型奇襲用ゾイドである、高速戦闘ゾイドの始祖であると共に、初めて本格的なステルス機能を備えたゾイドでもあり、登場以来数々の戦果をあげてきた。
 しかし、後に中型、大型の高速ゾイドが数多く開発されるに至り、次第にヘルキャットの攻撃力不足が目立つようになってくる、そこで軍部はヘルキャットの強化を命じ、強力な格闘兵装とミサイルが装備される。
 また、高速戦闘も想定されるゾイドとしては速力も見劣りしていたことから、エナジーライガーで実績を上げたエナジーチャージャーシステムを小型簡易化させ搭載、これによって実に100キロもの速力アップを記録するに至る。
 こうして、より奇襲戦用ゾイドとしての性能がアップしたヘルキャットには、新たに狩りをする豹「ヤクトパンサー」の名が与えられたのだった。

スペーサー

詳細

画像

 装甲式コックピットの周りにはさらに装甲板が追加され、突撃時の安全性を高めている、また、赤外線暗視スコープも装備され、夜襲、夜間偵察能力も向上している。
 増設されたアゴに装備されたショートサーベルの切れ味は鋭く、狙った獲物の装甲を確実に切り裂く。

画像

 肩部複合センサーによって暗闇や密林でも迷うことなく活動することができる、また、センサーユニット上に新たに5連装ミサイルランチャーが装備された、奇襲時にはこれを放って敵にダメージを与えると共に混乱させ、その隙を付いて飛び出し、弱った獲物をショートサーベルで仕留めるのが基本戦法である。
 胴体中央には小型化に成功したエナジーチャージャーが装備されている、簡易型の為、エナジーライガーのそれには出力で遠く及ばないが、稼働時間は長く、250キロの巡航速度なら数時間の走行が可能である。
 主砲の連装ビーム砲座の基部には、可変ウイングが装備され、速力が向上した機体を制御し、テクニカルな運動性の実現に成功している。

画像

 四肢には消音システムが備わっており、優れた隠密性を発揮する、また、新たに装備されたクローは、小型クラスのゾイドの装甲なら紙切れのように切り裂いてしまう切れ味を誇る。
 胸部のレーザー機銃は弾速、連射速共に速く、乱戦時に威力を発揮する。

画像

 尾部の3Dレーダーによって敵を的確に探し出して討つ、先端にはエルロンが追加され、高速走行時の運動性を高めている。

コメント

画像

画像

 ヘルキャットは奇襲用ゾイドをうたいながら、あまりにも武装が貧相で、仮に奇襲が成功したとしても敵を倒しきることが出来ず返り討ちにあってしまいそうに感じたので、とにかく攻撃力のアップを目指しました。
 特に、ヘルキャットはその高運動性を生かすような格闘兵装がなかったので、ネコ科の象徴であるツメとキバを再現、これにより、より猫らしくなったのではと思います。

 また、ヘルキャットは高速戦闘ゾイドのくせに、最高速は200キロと、レブラプターにさえ劣り、運用面で考えても、セイバータイガーなどと組みづらいのではと思ったので、速力もアップさせたいと考えました。
 それで、100キロアップの、時速300キロと言う設定にしました、一気に100キロも向上などあまり現実味が無く冷める設定ですが、小型機は大型機よりも俊敏に動いてサポートできなければ意味が無いと思ったことと、ライバルのシャドーフォックスにはパワーでは勝てないので、せめて速力では勝たせたいと思い、おもいきって100キロアップとしました。
 しかし、これだけアップさせるとなると、駆動系の調整などという設定ではあまりに虫が良すぎるので、何か説得力を持たせる装備を搭載させたいと思ったのですが、ブースターではありきたりで面白くないと思ったので、同勢力のエナジーライガーのエナジーチャージャーを思い出し、これを簡易小型化したと言う設定の装備を搭載させる事になりました。

 大体のイメージとしては小型グレートサーベルを目指し、装備品位置などもほぼ同じにしてあります。

 自分で言うのもなんですが、見る角度によっては結構格好いいんですよ、小型とは言え、やはりネコ科のゾイドは威厳があって様になります、手っ取り早く売り上げを出す為に乱発したくなる気持ちもわからなくはないのですが…。

ゾイド図鑑へ戻る
ホームへ戻る
inserted by FC2 system