ペティノス

ペティノス画像

格闘

射撃

耐久

装甲

機動

電子

隠密

総合

13

10

72

20

30

156

ペティノスデータ画像1
ペティノスデータ画像2
ペティノスデータ画像3
ペティノスデータ画像4

スペーサー

機体データ

主兵装:
 ストライククロー
 16ミリ機関銃
 20ミリ連装機関銃×2
 小口径レーザー機関銃
 爆弾槽×2
 ドロップタンク×2
 マルチブレードアンテナ×2
 レドーム
 加速ブースター×2
 高輝度サーチライト×4

全長:10.3メートル

全高:8.2メートル

重量:24トン

速度:マッハ1.8

乗員:1名

野生体:ペテイノサウルス

サイズ:S

スペーサー

機体解説

 プテラスはへリック共和国が第一次中央大陸戦争初期に開発した小型戦闘機であるが、やがて帝国軍がレドラーを開発すると劣勢に立たされ、主力の座をレイノスに譲った。
 しかし、ガイロス帝国が開発したサバットによる爆撃に苦しめられた共和国は、ピンポイントに正確な爆撃を行える、軽快な小型急降下爆撃機の必要性を痛感し、密かにプテラスを本格爆撃機に改造する計画が進めていた。
 こうして、プテラスボマーをベースに、地上からの対空砲火に耐えきる為に耐久力を向上させ、急降下爆撃時の機体制御の為に尻尾の先に大型尾翼を追加、さらに、元々尾でバランスを取りながら飛行する性質を持っていたペテイノサウルスのコアを選定して搭載する事で、ついに急降下爆撃機の開発に成功した、こうして本格爆撃機へと生まれ変わったプテラスは、コアの変更に伴い「ペティノス」と命名されたのだった。

スペーサー

詳細

ペティノス画像

 脱出ポッドも兼ねるコックピット、サイドにはガンスナイパーで成功したマルチブレードアンテナが追加され、索敵能力が向上している。
 先端に装備された16ミリ機関銃は射界が広く、防戦時の主軸となる。

ペティノス画像

 胸部に装備された2基の20ミリ連装機関銃は、爆撃後、後続隊の為に地上火力に打撃を与えるのに高い威力を発揮する、むろん空中戦でも威力を発揮する。
 胴体サイドには、接近信管砲弾による致命傷を防ぐ為に増設装甲が施され耐久性を増している。

ペティノス画像

 翼下に追加されたマルチウエポンラッククローには、通常は増槽が取り付けられ、長距離爆撃を可能としている、このドロップタンクは会敵時に投棄する事で機体を身軽にし、生還率を高める事が可能である、また、短距離爆撃時は爆弾を搭載する事で更なる爆撃力を高めたり、魚雷や救援物資の取り付けが可能など、任務によって幅広い活用が期待できる。

ペティノス画像

 脚部はプテラスボマーのボマーユニットがそのまま転用されている、合計8発もの小型爆弾を搭載できる優れたユニットである。
 ユニットサイドに装備された加速ブースターは、重量の増したペティノスも短時間で最高速まで加速させる事が可能で、会敵時の生還率は戦闘機時代に劣ることは無い。
 同じくサイドに装備されている高輝度サーチライトは対潜哨戒時などに威力を発揮し、水中ゾイドにとって脅威となる。

ペティノス画像

 背部には対空ミサイルの代わりに、あらゆるレーダーが凝縮されたレドームを装備され、索敵性能が格段に向上した、ペティノス哨戒下での生存は極めて困難である為、敵にとっては制空権のの有無は死活問題となる。
 ペティノスは戦闘機時代に比べて運動性が低下したため、生存性を高めるためにレドーム下部に、後部警戒用のレーザー機銃を装備している、この様にペティノスはあらゆる所に機銃を装備しているため、うかつに接近するのは危険である。

ペティノス画像

 重量の増した機体の急降下爆撃時のコントロールが困難だったため、尾部先端に大型尾翼が追加された、同時に元々尻尾でバランスを取りながら飛行する性質を持っていたペテイノサウルスのコアを採用する事により、最大の難関であったこの問題の克服に成功したのである。

コメント

画像

画像

 戦闘機であるプテラスを、偵察爆撃機へと改造してみました。

 プテラスはその名からプテラノドンをモチーフとしていると思われるのですが、確かに鳥でもないし、コウモリでもないし、どちらかと言えば翼竜らしい姿をしているとは言え、冷静に見るとプテラノドンの特徴は全くありません、と言うか、そもそも長い尻尾を備えた翼竜自体が少なく、プテラスの本当のモチーフは何であるかを気にしだすと非常に悩まされます、これを考える事はゾイドにおける一つのタブーなのかもしれません。

 しかし、私は出来る限りモチーフははっきりさせたいと言うこだわりがあるので、何とか長い尻尾を備えた翼竜は居ないのかと探してみたところ、ランフォリンクス属と呼ばれる翼竜の一派がある事を知り、その中でも特に恐竜らしい面影があり、プテラスに近いと思ったペテイノサウルスをモチーフとする事にしました。

 しかし、それにしても太い尻尾や立派な脚は翼竜らしからぬものであり、ペテイノサウルスにも似ているとは言えません、そこで、尻尾の先にペテイノサウルスに見られる、うちわの様な尾翼を追加し、少しでもそれらしくなるよう仕上げてみました。

ゾイド図鑑へ戻る
ホームへ戻る
inserted by FC2 system